情報交換掲示板はこちら

第2回 ANEX JazzBand LIVE at Satin Doll

レッスンの予定
      

■スタート時間
早組レッスン 12:30-14:00
アドリブマスタークラス 14:30-15:30
遅組レッスン 16:00-17:30
   
 合同:※時間が変更されます
  <アドリブマスタークラス>12:30〜13:30
  <全員>14:00〜17:30


■レッスン内容

★ イヤーズトレーニング 
  ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ、わずか7個の音の習得方法
★ リズムトレーニング  
  強拍、弱拍がクラシックとまったく逆、裏ビートの習得
★ メロディーメーキング 
  自然に口ずさむ曲を楽器で、スキャットでそれを譜面に表現!
★ フレーズ・パターン  
  ジャズで必ず使われるフレーズ、パターンを身体に擦り込む。
★ ジャズセオリー・理論 
  コードネームの解釈の仕方・コード構成音からの曲作り
★ ジャムセッション   
  その日のレッスンをその場でセッション
ジャズバンド・コースのご案内 

      YAMAHA大人の音楽教室・ジャズバンドコースの講師に決定致しました。

      大人の音楽教室 ヤマハ銀座ANNEX
      2003年3月オープン
      ●随時生徒募集中!!

11月には六本木の有名ライブハウスに於いて、
受講生によるライブを予定しています。
今からでも遅くありません。是非ご参加ください。

      お問合せ・お申し込みは下記専用ダイヤルまで!!
      【TEL】03-3571-8100

あなたの生活に音楽を・音楽は心のオアシス

音楽は文字通り「音を楽しむ」と書きます。
生まれてすぐ手にする「ガラガラのオモチャ」、昔の日本なら「でんでん太鼓に笙の笛」・・・・。

西洋音楽が日本に上陸しておよそ100年、ハーモニーという遺伝子、認識のなかった日本民族、5音階から西洋音階へ、等々、現在では西洋音楽を何の不思議もなく取り入れられています。
5、6才の頃からピアノ・バイオリンを習う人、小・中・高・学生時代から管楽器を経験する人、様々な音楽を体験して、現在の貴方がいる事と思います。

三時間幸せになりたいなら酒を飲め! 心に潤いを持ちたければ音楽を!

 「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら、踊らにゃそんそん」の例え通り、聴く、見るも音楽の楽しみ方ですが、「自分で音 楽を操る楽しみ」は経験した人でなければ分かりません。

世の中何ごとも、上を見ても下を見てもキリは有りません。
100%の力を持っている人は、100の力で参加し、15%の力の人は15の力で参加、その人なりの力で参加し、楽しむのが音楽 です。

音楽を演奏する事により、中高年へ向かっての脳の活性化を図り、特に管楽器は心肺機能を高めます。

平均的に音楽を演奏する人は、長寿、長命、朗らか、陽気な人が多いです。

心に少々の悩み事、心配事が有っても、楽器を演奏、合奏始めると、不思議と発散されます。
「呼吸と精神統一」がその原動力となります。
今回、このチャンスに是非チャレンジしてみて下さい!
       
     ★ ディキシーランドジャズ 
     ★ ビーバップ・モダンジャズ
     ★ グレンミラーオーケストラ
     ★ デュークエリントン・カウントベーシーオーケストラ
     ★ デルソル・スカパラまで

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「アドリブマスターコース」について
ジャズ=アドリブ アドリブ無しのジャズバンドでしたら、「譜面専門の吹奏楽団との相違」が無くなります。何と言ってもアドリブを理解し、演奏出来て初めて「ジャズ」が語れます。  
アドリブというと、どうしても難しく考えがちですが、そもそも「ジャズの始まり」起源をたどれば、誰でも、歌が唄える人ならアドリブは「可能」と考えられます。  アドリブをアドリブとも考えずにジャズを始めた、アメリカの黒人達は、音楽的素養は「限りなくゼロに近い」と言っても過言では無いと思います。  
皆さんの音楽的な環境を考えると、多分、この世に生を受けた時には、ほとんどの家庭に「テレビ」が存在していた事と思います。「好き嫌い」は抜きにして、ピアノを習ったり、幼稚園から大人になるまで、一日として「音楽無しの生活」は考えられないのでは無いでしょうか。  この目に見えない環境こそが、「アドリブを演奏するのに最高の身方」となります。  
今の日本で「音痴」を探す事は、電気も何もない「アマゾンの山奥」にでも育てられない限り、「存在不可能」と言っても良いでしょう。 好むと好まざるにより、日本で育った人なら「日本語には不自由無し」と同じ事と言えば理解して頂けると思います。  この、無意識の「潜在能力」を引き出す事ができれば、「100%アドリブは可能」です。  
音楽は難しいようですが、つきつめれば「7個の音しか無い」と言っても良いようです。 「黒鍵が有るではないか?」という声が聞こえて来ますが、通常耳に聞こえてくる音楽、例えば、カラオケで歌っている様な曲は「7個の音」で出来ています。  
今回の「アドリブマスターコース」で、あなたの無意識の「潜在能力」を開発致しましょう!  きっと、楽しい「音楽ライフの道」が開ける事でしょう。

                                      担当音楽講師 中川喜弘

ジャズバンドコースクリニック風景

サテンドールで行われた
ライブの模様


詳しくはこちらから